調査・研究事業紹介

ドローンによる大雨被害現地調査(常陸大宮市)

平成29年8月3日(木)、常陸大宮市内においてドローンによる大雨被害の調査を行いました。現場は主要地方道常陸太田那須烏山線、7月25日の大雨により法面が崩壊し、道路まで土砂が押し寄せました。

定点ビデオカメラ映像による交通状況の把握

平成29年4月25日、土浦市内の国道と県道との交差点に定点ビデオカメラ2台を設置し、その映像を土浦土木事務所に提供しました。

法面崩壊災害復旧現場(つくば市平沢)

日付:2017年4月25日(火)

場所:つくば市平沢地内 主要地方道石岡つくば線(県道138号)

平成28年8月の台風による大雨により発生した法面崩壊で、主要地方道石岡つくば線(県道138号)の一部区間(不動峠~つくば市平沢)が全面通行止になっていました。災害復旧工事完了間近の平成29年4月25日に、ドローンにて現場の撮影を行いました。

ドローンによる台風9号災害現地調査

日付:2016年9月28日(水)

場所:石岡市仏生寺地内 一般県道石岡つくば線他

当公社では、ドローンを今年度より導入し、人が入っていけない災害現場の現地調査や 上空からの写真撮影などで稼働させております。